透水性コンクリート「ドライテック/DryTech」

  • HOME
  • 透水性コンクリート「ドライテック/DryTech」

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」

「ドライテック」とは、雨水を地中へ浸透させる透水性をはじめ、
機能だけではなく経済性、防災性、デザイン性、環境性、施工性、耐久性にも優れた、
高性能な土間コンクリートです。

ドライテックが選ばれている6つの理由

「ドライテック」は、多彩な場所に使える、次世代の土間コンクリートです!

水はけが良い
通常のコンクリートは水平の状態で施工をしてしまうと水たまりができてしまいますが、ドライテックは水を通して排水するため、勾配をつけることなく排水が可能になります。ゲリラ豪雨に匹敵する降水量も透水し、雪解けも早いため、防災機能が高まります。
長期耐久性
従来の舗装と異なり、ヒビ割れ・色ムラができません。さらに、アスファルトのように油臭くなったり、ひと夏で軟化したりしません。長期耐久性にすぐれ、コスパが圧倒的に良いです。
滑りにくい
舗装の表面が従来のコンクリート舗装よりも粗い粒子凸凹がありますので、お子様やお年寄りがスリップ転倒しにくいです。水勾配の傾斜も不要であるため、足元が不安なお年寄りでも安心して歩行できます。
雑草・苔・カビに強い
雑草が生えにくいので、草取りの手間を省けます。舗装自体の通気性も良いため、コケ・カビも生えません。素材は無機材なので、植栽や池など生態環境にも優しい舗装です。
高い遮熱性
遮熱性が高いため、アスファルト舗装よりも地表面の温度が10?15℃も低く、夏場でもお子様が裸足で遊べます。ヒートアイランド現象の抑制効果が期待されています。
多様なデザイン
基本カラーは8色から選択でき、仕上げ方法についても、ダイレクト仕上げ、砂利敷き仕上げ、石材仕上げ、タイル仕上げなど、様々な景観に応じたバリエーション豊かな意匠が可能です。

弊社施工事例(一部)

実際に弊社で行ったドライテックの施工事例を少しだけ紹介します。