電力節約と災害・停電時の備えに

太陽光発電は日中の自給電力及び余剰売電を賄うことが可能ですが、日中以外の時間帯は電力を購入するしかありませんでした。

蓄電池を導入することで、夜間の安い電力を購入し高い時間帯に利用する。
また2019年問題といわれる固定買取り期間終了に伴い、売電価格が大幅に下落した時、余剰電力を安く売るなら自家発電、自家消費にと注目が集まっています。

また日本政府の政策として2020年までに新築戸建住宅の過半数をZEH(ゼッチ)住宅にするという目標があります。
太陽光のような回収率、回収期間には及ばないものの自給自足の実現、災害時の備えとして検討されては如何でしょうか。